知っておきたい弁護士離婚にかかる費用

離婚をする際には弁護士に依頼することが多いのですが、その際の費用をしっかりと把握しておかないと将来の生活設計に大きな支障をきたすことになってしまいます。特に優秀な弁護士を雇うとその分費用がかかってしまったり、財産分与と言った他の問題を相談してしまうとその分費用がかかるので注意が必要です。弁護士離婚を行う場合の費用の考え方は、基本的に離婚そのものの調停を行う費用が基準になります。そのため弁護士を選ぶ際には、離婚調停の部分を比較して選ぶことが大切です。弁護士にかかる費用は基本的な離婚調停にかかる費用とその他の財産分与と言った他の作業とに分かれ、それぞれに請求されてくることが多いためです。そのため個々の金額を精査し、費用について検討することが必要です。

離婚調停における弁護士離婚費用の変動理由

離婚調停だけを行う場合の弁護士の費用は、基本的にはあまり変わらないものですが、夫婦間の状態によっては金額が上積みされる可能性が少なくありません。その理由は離婚に至るプロセスがどのような状態であるのかによって、弁護士の調査量が大きく変動してしまうためです。一般的に弁護士の費用は問題を調査したり一時的にまとめたりするといったために使用される着手金と、依頼が成功した後で支払われる成功報酬に分かれます。着手金は弁護士が相談を受けてから調査をするのにどのぐらいの費用と期間がかかるのかを想定し事前に算出されるため、対応する案件の内容によっておのずと決まってくるのですが、報奨金の場合には実際の内容によって大きく変わる上、弁護士の利益を多く含んでいるので案件の内容によって大きく変動してしまうことが多いのです。

弁護士離婚をするメリットとは何か

弁護士離婚は基本的には夫婦間で話し合いがつかなくなったときに弁護士にその調停を依頼するものですが、最近は離婚後の遺産の処分の方法や分割割合についての相談が非常に増えています。そのため夫婦間でいろいろ話をして詳細を決めても、法律的にその根拠がないために約束が正当に履行されなかったり、権利を正当に執行できないといった問題が生じることも少なくありません。また当事者同士で行った約束については無効となる場合もあるため約束した内容について法律的に効力が発するようにしっかりと見直し、後々トラブルとならないようにすることが重要となるためこれらの問題の解決について弁護士の判断をあおぐことが非常に重要となります。離婚の問題は本人同士のプライベートな問題と考えられているのですが、その際の様々な約束事は法律に大きく左右されるものです。そのため費用がかかっても正当にその権利を行使するために弁護士に依頼し離婚をする人が多くなっています。