弁護士離婚を行うための手続きを解説

離婚手続きには、協議離婚、調停離婚、裁判離婚などの方法があります。協議離婚とは、夫婦間での話し合いによって離婚を決め、離婚届出を役所に提出する方法を言います。調停離婚は、話し合いがまとまらなかった場合に家庭裁判所に調停をしてもらって、離婚手続きを進める方法です。裁判離婚は、調停でも解決しない場合の最終手段となります。いずれの手続きも自分の力で行うことができますが、離婚というケースではいろいろともめることも多く、主張すべきこともたくさん出てきます。したがって、個人の力量には余ることもままあるので、弁護士に手続きを依頼して弁護士離婚の手続きを取ったほうがスムーズに事が運ぶ可能性があるでしょう。弁護士というと、裁判に関する仕事が主であるように思われる人もいるでしょうが、それ以外の手続きでも依頼はできます。

協議離婚で弁護士に依頼するとどうなる

協議離婚をしようとしても、相手が話に応じてくれなかったり、互いに感情が高ぶって冷静な話し合いの場が持てない場合があります。そのような場合に、弁護士離婚にするメリットは大きいです。依頼された弁護士は、相手方との交渉を一手に引き受けます。離婚希望者が交渉の場に登場しなくても済むのです。協議離婚では話し合うことが多く、慰謝料、財産分与、親権の問題、養育費など細かく内容を詰めなければなりません。当事者間ではすべてをきれいにまとめあげるのは難しい場合も多いので、弁護士離婚にしたほうがいいでしょう。条件についても、決して不利なものを押し付けられないように注意してくれます。弁護士の努力によって話し合いがつけば、協議離婚合意書の作成も弁護士が行います。あとは、離婚届出を役所に提出して、すべての手続きが完了です。

離婚調停の代理人や離婚訴訟の代理人になってもらう

弁護士が離婚調停の代理人になった場合には、調停申立書の作成、裁判所への申し立て、裁判所との話し合いなどすべての業務を担当してくれます。調停という手続きでも、冷静な相手なら裁判所も話を進めやすいので、早く結論が出ることもあるでしょう。晴れて調停が成立したら、弁護士は調停調書の申請を行います。その調停調書は後程家庭裁判所から送られてくるので、それを役所に持っていくだけで離婚成立です。一方、離婚訴訟では、専門家の手を借りないと手続きが順調に進みません。弁護士は、訴状や準備書面の作成、証拠の選出、裁判所への提出などにおいて経験をいかんなく発揮してくれます。また、離婚条件で少しでも有利なものを引き出すためにも弁護士は必要です。判決が下ったら、10日以内に役所に判決書の謄本などを提出して、離婚手続きが終わります。このように弁護士離婚に持って行ったほうが当事者にとってプラス面が大きいので、困ったことがあったら遠慮なく相談してみましょう。