弁護士離婚で知っておきたいトラブル

離婚を決めたら、まずは当事者同士で話し合うのが一般的ではありますが、不倫などが絡んでいる場合、率直に話し合ってもスムーズに希望通りの解決に至るのはむしろ珍しいと言えるでしょう。当事者通しで話し合いが持てないほど、こじれてしまうこともあります。そんな時に頼れるのが弁護士です。弁護士離婚では、まずは家庭裁判所に申立をして離婚調停を目指すことになります。離婚問題ではいきなり裁判を起こすことは出来ないのです。離婚調停そのものは弁護士を代理人にせずに自分で行うことも可能です。「夫婦関係調停」だけではなく「婚姻費用分担申立」や「調停前仮処分」など、申し立てる事案の数だけ収入印紙代金と連絡用切手代が必要です。有責者側からも申立てをすることができます。

離婚調停でよくあるトラブルとは

弁護士離婚でまず行われる離婚調停では様々なトラブルが発生することがあります。非常によくあるのが、相手方が離婚調停に出てこない問題です。調停員が訪問して説得するなどの対策がとられますが、どうしても出てこない場合では調停が不成立になります。ただし出廷してこない事は、確実に裁判官の心証を悪くし、裁判で不利になる確率が上がります。また離婚調停中に、嫌がらせをしてくることもあります。暴力や妨害行為などは立派な犯罪ですので、警察に被害届けを出す必要があるでしょう。嫌がらせに怯えて調停に出頭しないことの無いようにしてください。欠席を連絡したとしても、5万円以下の過料の対象となります。離婚調停では様々な感情のぶつかり合いが起こるため、感情的になって自分の立場を不利にしてしまうこともよくあります。

弁護士離婚でしっかり選びたい?契約前に弁護士を見極めよう

近年離婚案件が非常に増えており、内容も複雑化しています。時には弁護士業務の範疇を超えるような案件もあり、現場の弁護士が悩んでいるケースも見られます。そのため、途中で持て余して契約解除したり、若手弁護士に任せてしまうといったトラブルも増えています。弁護士と契約する場合には、じっくりと話し合って人柄を見極めましょう。コミュニケーションが取りやすく最後まで任せられる人を選ぶことが重要です。相談だけなら無料の法律事務所も増えており、複数の無料相談を利用するのをお勧めします。料金体系にも注意が必要です。日当などが発生する事務所だと、着手金が安くても総額が膨らんでしまうこともあるのです。弁護士費用は離婚では60万円程度になるのが相場です。けして安い費用ではないため、本当に信頼できる弁護士とのみ契約を結ぶようにしてください。